猟師の歌い声は洞窟に響いた

ねえみんな、「ドラマ」のことを考えてみない?それほど難しいことじゃないと思うんだよ、「フライドチキン」については。

トップページ >

薄暗い平日の晩に窓から

アンパンマンは、子供に気に入られる番組だけど、しかしとても暴力的のように思う。
ストーリーの終わりは、アンパンチとばいきんまんをぶん殴って解決するといった内容がめちゃめちゃ多く思える。
こどもたちにもとても悪い影響だと私には思える。
ばいきんまんとその他が、たいしていじわるをしていない話の時でもぶん殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を目撃したら、やめろと怒鳴りながらもうこぶしを突き出している。
話を聞かずに問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、暴力で解決するからいつになっても変わらず改心せず、いつまでたってもいっしょだ。
たぶん原作は違うのだろうけど、テレビ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。

騒がしく跳ねる妹と観光地
恐怖はいっぱいあるけれど、大海原が怖くて仕方ない。
しかも、グアムやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
それ以上の恐怖は、しまなみ海峡などの濃い海だ。
ついつい、どこを見ても海、という状態を想像してしまう。
気分だけ味わってみたかったら、open water というシネマがお勧め。
ダイビングで海に取り残された夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
とりあえず、私にとって怖い内容だ。
もちろん、起きてもおかしくない事なので、臨場感はたっぷり伝わるだろう。

夢中で熱弁するあの子と気の抜けたコーラ

布団に入ってそれでも、眠りに入れないことがあれば、映画をはまって見ることがある。
こないだ選んだDVDは、エスターというタイトルの米映画だ。
主役の、エスターと言う子はブライトだけれどずいぶん個性的な子供。
終わりには思いもよらない結末が隠されている。
それは見ている中盤で、終わり方が理解できる人がいるだろうか不思議なほど想像もできない真実。
それは、ビックリとさせるわけでもなく、ただただある種のホラー映画のような結末だった。
ストーリーは、毎回の私の毎晩の時を満足させてくれる。
と言っても、常にお酒とおつまみもそろっているので、体重が増えてしまうのが良くない。

ぽかぽかした水曜の午前は焼酎を
何年か前の夏、ガンガン冷やした部屋の中で冷えた飲み物をしょっちゅう摂取していた。
私はたまに熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが大事だと考えたから。
冷房の効いた部屋で、シャツ一枚、そしてミリンダにアイスコーヒーなどなど。
なので、順調だと思い込んでいた暑さ対策。
夏が終わり、その年の冬に、前の年の冬よりもひどく寒さを感じることが多くなった。
外出する仕事内容が増えたこともあるが、寒くてほとんど部屋から出れないという事態。
なので、おそらく、暑い時期の生活は冬の冷えにもつながると考えられる。
十分に栄養を摂取し、偏りの少ない生活をすることがベストだと思う。

夢中で体操する父さんと電子レンジ

友達の彼氏が梅干しを販売しているらしい。
博多に本部があり台湾にショップもでき、和歌山に自社工場がある。
各都道府県に定期的に、何名かのグループで訪問販売をするらしい。
夜中、これを聞くと、食べたくなった。
梅干し食べたくなった〜!など言うと、いただいたものがあると出してくれた。
この子と食べたこの梅干しが、人生で最高に美味しかった。
という事で、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

寒い水曜の朝にシャワーを
夕食時に、アサヒビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事をしないときに限るけれど。
実家を出ていた時に、住んでた部屋の近くでちょっといい感じの酒屋を見つけて、父の日のために買ったことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円以上の父の日用のワインを探しています」などと話して。
父に贈った、ワインが一万円することをついに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
その他の感想はなさそうだった。
それから、特にワインの質にこだわらなくなった。
旨い!と感じるお酒だったら、お金や質にはこだわらないと決めた。

喜んで泳ぐあの子と暑い日差し

昔凄く肥満体型だった時に、毎日欠かさなかったのがシュガートーストだ。
酷い時は、夕食の終わりに2枚以上食べていた時期もあった。
さらに並行して、マッシュポテトに取りつかれてしまい肥満の道へまっしぐらだったあの頃の私。
試した痩せる方法が変わったものばかりだ。
最初は、2週間スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープのみの食事だ。
仕事先にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
それに断念して、こんにゃくを夕飯に置き換えるという痩身法。
それは、今の自分には無理。
その後、1年ほどかけて栄養バランスを変えると、気付いたら元の体型に。
とにかくコツコツとするのが一番。

ノリノリで泳ぐ妹と花粉症
私は前から、肌がまったく丈夫じゃないので、すぐにかぶれる。
そして、ボディーシャワーの素肌に残ってしまう使用感が好ましくない。
でも、真冬は凄く乾燥するので、無添加の化粧水を使用している。
この製品の驚くべきところは、値段が非常に高いところ。

寒い仏滅の夕暮れにお酒を

きょうは、梅雨が明けて初めて大雨になった。
チヌ釣りの約束を妻としていたのだけれど、雷が鳴ってきたので、さすがに怖くて行けそうにない。
確認したら、雨が降っていなかったので、できれば行くということになったのだが、釣りに行ける道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んだことにより来ていた釣り人が、ばたばたと釣り道具を車になおしていた。
餌も解凍して準備していたが残念だった。
天気のよい休みにと話して釣り道具をなおした。
明後日からは晴れみたいだ。
なので、次こそ行きたい。

雪の降る祝日の朝は足を伸ばして
さやかちゃんは見た感じだけではおだやかそうに見られるようだけど、活発な女友達。
旦那と、3歳のけんちゃんと、仲良し3人一家で、ドーナッツ屋さんのななめ向かいのアパートに住んでいる。
一般事務の仕事も育児も手際よくこなして、毎日が充実していて、時間の有効活用は上手。
ちょっとでも暇を見つけると、遊びに行っていい?と必ず連絡を入れてくれる。
私は喜んでケーキを作って、彼女のお宅にお呼ばれする。

サイト内メニュー



Copyright (C) 2015 猟師の歌い声は洞窟に響いた All Rights Reserved.
↑先頭へ