猟師の歌い声は洞窟に響いた

「卵焼き」に関して本や論文を書くなら、どのようなことを調べる?「春巻き」の一般的な解説とかだろうか。もしくは、自分独自の観点からの見解かな。

トップページ >

どんよりした平日の午後に料理を

季節の中で、梅雨の時期がお気に入りだ。
部屋は湿度が上がり外出すると雨に濡れるけど。
一つの理由として、幼いころに、この時期に見られる紫陽花が可憐で、その頃からこの花が咲くのを楽しみにしている。
長崎出島にて知り合った、シーボルトとお瀧の紫陽花デートの話をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで男の子ドイツ人のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言ったそうだ。
梅雨に可憐に咲くあじさいを見て何回も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
そのうち訛ってしまい紫陽花は「おたくさ」という別名を呼ばれるようにもなったらしい。

自信を持って吠える友人と壊れた自動販売機
ネットニュースを見るけど、紙の媒体を読むのも好きだった。
現在は、費用がかからないで見れるネットニュースが色々あるから、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間で大量の情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすいことはある。
一般的な情報から関わりのある深いところまで見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目につくけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国のデフォルトになってしまうかもという話がとても気になる。
債務不履行状態になるわけないと思うけれど、仮にそうなったら、どの国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

笑顔でダンスする弟と暑い日差し

小説家、太宰治の斜陽、好きの私は、静岡県の安田屋旅館に足を運んだ。
共に小説が割と好きな友人。
この安田屋旅館は、小説家の太宰がこの本の章の一部を執筆するために泊まった小さな旅館。
一歩進むと、ミシミシと、響く。
女将さんに見せてもらったのは、彼が宿泊した階段を上がってすぐの小さな部屋。
立派な富士山が半分だけ、頭を見せていた。
窓から見える海の中には生け簀が作られていた。
このあたりは足を運んだ甲斐が大いにある。

寒い大安の明け方に食事を
普段はないのに、情緒不安定な精神に陥ってしまい、何をしていても苦しくなった。
特定の原因がないし、なぜか物悲しくなったり、すべてが無意味に思えたりした。
そんな感じになっていても、急に仕事がはいった。
しかも年に一回の野外催し物で大手の案件だった。
このままでは良くないので自分を忘れて集中しているうちにカラリと軽い気分戻ってきた。
そういえば、あの時は昼間に太陽の光を浴びようと思ったりしなかったんじゃないか。
夜間はさけて出かけるのも健康なことだと感じた。

湿気の多い週末の早朝にシャワーを

社員で働いていたころ、会社を退職する機会がなかった。
何としてでも退職したかったという訳ではなかったから。
働く意思がないのかもしれない。
だけど、その時、真剣に今月で辞職すると口にした。
そんな日になぜかは分からないが、入社当時からすごくまじめだと感じていたKさんが、話しかけてきた。
会話で、この事情を知らないKさんが「この業種、しんどいよね。君はしばらくやれると思うよ。」といった。
なぜだか悲しくなった。
このことから、会社の帰りに、採用担当に退職をなしにしてもらった。

蒸し暑い日曜の夜明けに食事を
少年は今日、学校の給食係だった。
帽子とマスクをつけて、白い割烹着を着て、他の給食係たちと、今日の給食を取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパンだった。
バケツのようにフタつきの大きな鍋に入ったスープもあった。
少年は、最も重たい瓶入り牛乳だけは、男の子が持たないといけない、と思っていた。
クラス全員分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った瓶入り牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい牛乳を女の子には持たせたくはなかったけれど、同じクラスで気になっているフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、ちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を持って行くことにした。

一生懸命熱弁する姉ちゃんと擦り切れたミサンガ

明日香は、学校ですぐに仲良くなった親友だ。
明日香ちゃんの長所は、人を否定しなくて、小さなことは、気にしないところ。
私から親しくなりたいと言ってきたようだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
一緒に過ごせば、ほとんどの事が小さくなるので、凄くほっとする。
シャープな印象でスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーガーを注文しに車を走らせたりするという。

雲の無い祝日の午後はゆっくりと
待ち合わせの時間つぶしに、箱根の森美術館に入って以来、あの静けさに病みつきだ。
意外だったのは、一人でじっくり観賞しに来ている方も多かったこと。
以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物が非常に以来私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、催し物がとても横須賀美術館は、大好きな谷内六郎の作品が多数ある。
彼は、まさに週刊新潮の表紙絵を担当していた人物だ。
その他、江戸村の近くにある、竹久夢二美術館でたくさんのポスカを購入したことも。
今までずっと、美術館にはいつも素敵な経験を貰っている。

怒って泳ぐあの人と冷たい雨

子とのコミュニケーションをとればとるほど、娘はとても好感をもってくれる。
2歳近くまで、会社の業務がたいそうめまぐるしく、見ることが少なかったため、たまに抱っこしても近寄ってくれなかった。
実の親だけどとやりきれない胸中だったが、会社の業務がせわしないからと観念せずに、繰り返し、休日に散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂でも泣かれないようになった。
今日この頃、出勤で家を出る時、俺が行くことが寂しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。

雨が降る週末の夜明けにゆっくりと
海が非常に近くで、サーフィンのスポットとしてもとっても知られているスポットの近くに住んでいる。
なので、サーフィンをする方はめちゃめちゃ多く、会社の前に朝少しサーフィンにという人もいる。
そのように、サーフィンをしている方が多数いるので、いっしょに行こうと言われることが大変多かったのですが、いつも断っていた。
その理由は、俺が、運動神経がにぶく、泳げないからだ。
けれども、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行ってみたところは上級者が行くところで、テトラポッドが近くに置かれていて、波乗りのスペースがごく狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

サイト内メニュー



Copyright (C) 2015 猟師の歌い声は洞窟に響いた All Rights Reserved.
↑先頭へ